sasaki-kiyomi5

ママのためのリセット空間~

 メディカルアロマを取り入れたプライベートサロン『pure』

 『pure』オーナー  佐々木清美さん

 セラピストという仕事を選んだ理由は?

以前はコーヒーショップでアルバイトをしていた佐々木さん。
子どもの頃は美容師や看護師になりたかったそうです。
手に職をつけようと思った時、マッサージが好きだったこともあり、自然とセラピストを志すように。
肩書は違うけれど、自分の手で人を癒したりフェイシャルトリートメントできれいにしたり、という形で子どもの頃の夢をかなえました。

 

トップセラピストカレッジに入学してどうでしたか?

―繰り返し受講ができたこと、学べる技術や理論が豊富だったことがとてもよかったです。
スクールのアットホームな雰囲気も通っていて楽しかったですし、先生方の教え方が丁寧、親切で、無理なく技術が身に付きました。

 

sasaki-kiyomi8

卒業後はサロン就職ではなく、自宅サロン開業という形を選んだ佐々木さん。

その理由は?

―子供の近くで働きたい、という気持ちが強かったことです。
サロン就職となると、土日や夜も仕事になってしまいます。
自宅で開業すれば、子供が「ただいま」と帰ってくるのを迎えることができますから。

自宅サロンを開業する上で大変だったことはなんですか。

―当然ですが、準備はすべて自分でやらなくてはいけなかったことですね。
でも、スクールのサポートでここまで来ました。
また、直営サロンのインターンシップ研修を受けたことで、技術だけではなく接客も勉強することができました。
おかげで、自信を持ってオープンすることができました。

 


あなたも自宅サロン開業を目指してみませんか?

セラピストは女性のライフスタイルに合わせて働き方を変えられるという利点があります。

その他、ほかの仕事と掛け持ちしながらセラピストとして活躍する、という方法も。

まずは、あなたにどんな働き方があっているか、一緒に考えませんか?

ぜひ、無料体験会&説明会にお越しください。お待ちしております。

taiken

 

 

 

 

 

Posted in: 卒業生.
Last Modified: 9月 25, 2014