samejima-yumi5

カレッジ講師は現役セラピスト!

カレッジ講師として活躍しながら現役セラピストでもある、鮫島先生にインタビュー

ルナルートとの運命の出会い

Q カレッジに通っていたのはいつ頃ですか?
A 大学生の頃です。

Q その頃からセラピストに興味があったのですか?
A 最初は美容業界に興味を持っており、就職活動もそちらの業界を目指そうと思っていました。

Q それがなぜセラピストに方向転換なさったのですか?
A それまでマッサージなどには行ったことがありましたが、本格的なアロマトリートメントはカレッジの直営サロン『ルナルート』が初めてだったんです。あまりの気持ちよさに衝撃を受けました。
それで、自分も癒しを提供できる仕事に就きたいと思ったんです。まさに、運命の出会いでした。

Q 現在はどのように活躍されているのですか?
A 今はカレッジの講師をさせていただくとともに、ホテル内のサロンでセラピストとしても仕事をしていています。
どちらも楽しく続けています。


何でも相談できる、アットホームなスクール

Q 数あるスクールの中で、カレッジを選んだ理由はなんでしょうか?
A 何カ所か見学をしましたが、アットホームさが一番の魅力だと思いました。先生と生徒の垣根が低く、先生ではあるけれどとても親身に接してくれて、丁寧に技術を教えてくださるのはもちろんなのですが、人生相談のような、困った時は何でも相談できるあたたかい雰囲気がとても良かったです。

Q 他にカレッジの魅力としてあげられる点はどんなことでしょうか?
A やはり、技術は一度では覚えられないので、繰り返し受講できるシステムはとてもありがたかったです。
また、なんといってもバランスのよい授業構成と技術の豊富さですね。
心理(ホスピタリティマナー)や症例など、技術だけではない、将来セラピストになったときに本当に役に立つ授業があるのが素晴らしいと思います。


セラピストは女性に適した仕事です♪

Q 夢はやはり、独立開業ですか?
A いえ、どちらかというと直接人を癒すことに加え、技術の素晴らしさを伝えたりしたい、という思いがあり、ライフスタイルの変化にあわせて少しずつ”セラピスト”という仕事に関われるような生き方をしたいと思っています。
セラピストの技術というのは一生ものですので、どんな形でも女性のライフスタイルに対応できる仕事だと思います。

Q セラピストとして仕事を続けていく上で気をつけていることなどはありますか?
A セラピストは自分自身が元気でないとできない仕事です。人を癒すということは、エネルギーがいりますから。ストレス発散も上手にできないといけないと思います。
また、お客様はひとりひとりニーズが違いますから、勉強に終わりがない仕事だと思います。

Q これからどんなセラピストを目指していますか?
A これからもどんどんセラピストの技術を深めていきたいです。
また、ベビーマッサージなど新しく習得した技術を教えることも積極的にやっていきたいと思います。

Q セラピストを目指す方に、メッセージをお願いします。
A セラピストはライフスタイルにあわせて働き方をいくらでも変えることが出来て、選択肢がたくさんある、女性に適した仕事です。だから、迷っているなら一歩踏み出してほしいと思います。
後からあの時やっておけばよかった、と思うくらいなら、まずは行動してみてはどうでしょうか。
やってみて損はないのですから。どんどん挑戦してほしいと思います。

 

 

Posted in: 卒業生.
Last Modified: 4月 2, 2015