マタニティボディケア

昨日、『マタニティボディケアコース』の山内先生に、
簡単な施術のデモンストレーションを行っていただきました。

カレッジではカリキュラムにない「側臥位」
生徒さんはみな興味津々!

「側臥位」(そくがい)とは、横向きになって行う施術のことです。

妊婦さんは大きなおなかで、うつ伏せはもちろん無理ですし、
仰向けになるのもつらい場合があります。

そこで、横向きになって腰や肩をほぐしていくのですが、
これは、妊婦さんでなくても使える方法なので、
技術の幅を広げるためにもセラピストさんにはぜひ身に付けておいてほしいと思います。

側臥位のメリットはいろいろとあるのです。

1 股関節、肩関節の動きが自由になる

つまり、肩や脚をぐるぐるまわしやすいので、効果的に筋肉をほぐしていくことができるのです。

2 ストレッチもできる

身体の前後、側部が空いているので、何度も体勢を変えていただく必要がなく
胸や腰などのストレッチをかけやすいというメリットがあります。

3 普段できない部分のトリートメントができる

脚の内側(内もも)、身体の側面など、うつ伏せと仰向けだけでは
トリートメントできない部分にもアプローチすることができます。

4 頭部・頚部へのアプローチ

風池、完骨、天容といった頭回りのつぼなどが確認しやすく、
より効果的にコリをほぐしていけるでしょう。

5 長時間のうつ伏せができない人

妊婦さんだけでなく、身体の固い方や腰痛のある方は
長時間のうつ伏せまたは仰向けがつらい場合があります。
そのようなときに、側臥位(横向き)の施術は威力を発揮します。


いかがでしたか?

今回ご紹介した『マタニティボディケアコース』は
ボディケアを学んだ方の上級コースとなっておりますが、
全く初めての方でもできるように
『ボディケア基礎講座』(3講座)もご用意しています。

お気軽に、お問い合わせください。


まずはスクール見学にいらっしゃいませんか?
無料体験会も毎日行っております。

とりあえず、どんなところか見てみたい!と思ったら
お電話ください。
フリーダイヤル:0120-998-620
freedial2

Leave a reply

required