squirrel-1004893_1920

誰かを癒したい。
人の役に立つ仕事がしたい。

そのような思いでセラピストを志す方は多いですよね。

自分のためではなく、誰かのために。

そう思うこと自体は、とても素晴らしいことです。

仕事をしてお金を得ることはとても大切なことですが
それと並行して、やりがい、生きがい、
仕事に対する情熱。

それらがなければやはり続きませんし、
自分でサロンを運営するとなればなおさらです。

しかしその前に!

クリアしておかなければならないことが一つ。

それは・・・

自分自身の「癒し」が終わっていること。
自分自身が満たされていることです。

つらい過去を引きずっていたり、
お客様に提供しようと思っている癒しは
実は自分に向けてのものだったり。

そう、自分が癒されていないと
お客様を通して、自分を癒そうとしてしまうんですね。

足りない部分、自分が癒されていないと思っている部分を
なんとか満たそうとしてしまう。

それでは、本物の癒しを提供できない。
お客様を癒すことはできません。

セラピストだけでなく、
カウンセラーやコーチ、
人のこころや身体に触れる職業全般に言えることです。

まずは自分が癒され
満たされていること。

これがスタート地点です。

あなたは今、満たされていますか?

Leave a reply

required