fukuihanandou3

前回は、「セラピストに向いている人の条件」についてお話ししました。

自己管理、
自己投資、
そして自分の人生に責任を持つこと、
が大事だということ。

そこは自分の「軸」として
しっかりと持っておいてほしいところなのですが

日々の暮らしの中でも鍛えてほしいこと、
それはコミュニケーション力です。

セラピストは「接客業」。
人と接する仕事ですから、
コミュニケーション能力のない方には
にはつとまらない仕事なのです。

考えてみれば当たり前のことですが
実は、そこがおろそかになっている方が実に多い。

人対人の仕事です。
人の心を理解しよう、共感しようという気持ちのない方は
セラピストに向いていないといえるでしょう。

・資格を取れば仕事になる
・技術さえ学んだらなんとかなる
・できるだけお金をかけず安く必要最低限のことだけ学びたい

・・・このような方は
「仕事」に対する考えから
もう一度スタートした方がいいかもしれません。

人の身体にさわる仕事です。
簡単なはずはないですよね。

技術にプラス、人間力が必要な仕事なのです。

たとえば、日々生じるメールのやり取り。
電話の受け答え。

そのようなことでも
コミュニケーション力があるかないかで
対応が全く違います。

・自分のことばかり話している
・何を言いたいのかわからない
・基本的な挨拶等がまったくできない。

これらのことができていない方は
自覚がないのも特徴なので
人に指摘されないとわからないかもしれません。

が、人とコミュニケーションがうまくとれないな、と
もし感じたなら、
こういうことに思い当たるか?
考えてみてください。

セラピストである以前に
ひとりの「社会人」ですから
まずは人とのやり取り、
コミュニケーションを円滑にする、
ここを一度真剣に考えてみてもらいたいと思います。


人間力の高いセラピストってどんな人?
ご興味のある方は、ぜひ1度、スクール見学にいらしてください。

今なら、授業体験10回無料チケットを差し上げています。
まずは資料請求を!
資料請求

 

 

Leave a reply

required