本格的な風邪の季節がやってきました。
みなさんは、どのように風邪予防をしていますか?

お部屋の湿度を保ってのどや鼻の粘膜を乾かさないようにすることや
免疫力を下げないことが大事ですね。

この時期だからこそ、使ってほしいアロマがたくさんあります。
今日ご紹介するのはその一つ、ローレルです。

◆ローレル(Laurel)
学名:Laurus nobilis
科名:クスノキ科
抽出部位:葉
抽出法:水蒸気蒸留法
主な成分:1.8-シネオール、サビネン、α-ピネン

bay-leaf2

フランス語ではローリエ。ベイリーフ、月桂樹などとも呼ばれる木です。
シチューやカレーなどの煮込み料理には欠かせないハーブです。

実はこのローレルが、風邪の季節にはとてもおすすめ!
流行性感冒によく使われます。
流行性感冒とはインフルエンザウィルスによる高熱、頭痛などの症状。
鼻水やのどの痛みなどを伴うこともありますがこれらの症状にローレルは良いとされています。

また、口内炎や歯肉炎などお口の中の炎症を抑えたり、
関節痛、リウマチなどの痛みをおさえたりする作用も。
自律神経のバランスもとってくれるので、ストレス続きで疲れが取れない、という時にもおすすめです。
まさに、1本で何役もこなしてくれる優れものです。

【使い方】
疲れがたまって風邪をひきそうだ・・・と思ったら、
水溶性ジェルで薄めてのどや胸に塗ってみましょう。
引き始めが肝心です!

色々な症状に合わせてアロマをブレンドできるようになる。
それがカレッジの「メディカルアロママスターコース」です。
香りだけで終わらない、「使えるアロマ」を学びませんか。

詳細を見る


アロマテラピーって、いい香りをかいでリラックスするもの。
いえいえ、使い方はそれだけではありません。

もっと暮らしの中に取り入れて、自分や家族のケアができる優れものです。

もっとアロマの使い方を知りたい!と思ったら、ぜひ1度、無料体験会にお越しください。
その日の体調やお疲れに合わせて、アロマをブレンドいたします。

▼▼体験会のお申し込みはこちらのバナーをクリック▼▼
(お電話でも承ります。スマホの方は番号をタッチしてください)

freedial2

taiken2

One comment on “風邪の季節のおすすめアロマ・その1「ローレル」

  1. Pingback: 風邪の季節のおすすめアロマ・その2「ラヴィンツァラ」 | アロマスクール|トップセラピストカレッジ

Leave a reply

required